30代の婚活 独身女性たちの庭

30代の婚活や恋愛・結婚にまるわる話。

カテゴリー「草食系男子の婚活」の記事一覧

草食系男子の婚活 その3

そもそも草食系男子って、
どんなんだろ。

って思って、
私が考えている中での草食系男子「もやしん」に聞いてみた。


私「ねぇ、もやしんはさぁ、草食系?」

びくっとするもやしん。

も「・・・ちまたの噂では草食系らしいです」

私「どういうところが?」

も「結婚したいって思ってるくせに、積極性がないところとか、らしいです」

私「ふぅん。ないの? 積極性?」

も「ないっていうか、積極的になりたくなるような女性に出会えてないというか」

私「もやしんって、女の子にもてたくないの?」

も「モテたいです。それは」

私「でも、積極的になるほど好きな子はいないんだ」

も「いや、いるんです。いるんですけど・・・積極的にいっても、断られそうっていうか・・・」

私「それって、ただはね返されるのが怖いだけなんじゃない。好きな人がいないんじゃなくって」

も「・・・だって、キツイでしょ。どーんといって、振られたら」

私「まぁねぇ。でも、み~んな、そうやって彼女つくってるんじゃないの?」

も「・・・僕はもっと、積極的にいっても、受け止めてくれそうな女性とかを探します」


何となく、草食系ってこんな感じなのかな、と思った独身女子でした。

草食系男子の恋愛観 その2

草食系男子「もやしん」は私の後輩。

彼氏がいない私がいうのもなんだけど、
すっごくいい子で、彼女を見つけてあげたい。

でも、その良い部分が、
非常に伝わりにくい男子。

今日は、そんな、もやしんの恋愛観その2。



「恋愛はギブ・アンド・テイクだと思うんです」


そう、切り出したもやしん。


も「どちらか一方が与えるばっかりじゃ、うまくいかないと思うんです」

私「そうだね。どっちかが不満になっちゃうもんね」

も「男性は、基本的にお金を稼いできますよね」

私「まぁね。女性よりは多いことが多いよね」

も「じゃあ、その分は女性の方が、他のギブをしないといけないと思うんです」

私「結婚したら、炊事とか洗濯とかするよ」

も「でも、それって、お金を出せばやってくれるサービスとかもありますよね」

私「そりゃあ、そうだけど」

も「しかも、そういう人たちってプロだから、普通の主婦より、うまくこなせると思うんです」


あっ、もやしん、今息を吸い込んだ。


も「ってことは、女性は他のことで男性を満足させるしかないと思うんです」


これが言いたかったんだな。もやしんのやつ。


私「何よ、他のことって」

も「満足感です」

私「どんな満足感よ」


相手がもやしんだと、ちょっとだけ強気な私。


も「たとえば、してほしい時に、色々身の回りのことをしてくれるとか」

私「炊事、洗濯と違うの?」

も「違うんですよっ!」

私「どこが?」

も「してほしい時に、してくれるっていうのが大事なんです」

私「例えば?」

も「例えばコーヒーが飲みたいときに、コーヒーを作ってくれるとか」

私「そういうので満足するの?」

も「他にもありますよ。寒い時に、ヒーターをつけてくれるとか」


すごく強気だった割には、
大した要望も持っていないもやしん。


も「とにかく、あっ、今、これしてほしいっていう時に、してくれる人がいいんです」

私「自分は、それなりにお金を稼いでくるんだから?」

も「そうです。それに、他に大きな文句も言わないし」

私「言うことを聞いてくれる女性がいいと」

も「うん。じゃなくって、はい」


あちゃ~。絶対、もやしん、いろんなとこで「うん」って返事してるタイプだな。

でもなぁ、結局もやしんが言いたいことって・・・


私「結局、もやしんってお母さんみたいな女性がいいんじゃない?」


びっくぅぅぅとするもやしん。

どうやら、図星のようだ。

それにしても、動揺しすぎだ。
言いわけさえしない。


も「確かに、そういう無償の愛みたいなものに憧れはあります」


しかも、認めちゃったもやしん。
純粋なのか、おこちゃまなのか。

とにかく、もやしんに彼女を見つけるには、
まだまだ道のりが長そうだ。

  

Copyright ©  -- 30代の婚活 独身女性たちの庭 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS /  /